サイト内検索

Core JavaScript

スポンサー

ホーム > Error

Error Object

JavaScriptではランタイムエラーが発生すると,Errorオブジェクトが生成されthrowされます. Errorオブジェクトのプロパティを参照することで,エラー名やエラーメッセージを取得することができます.

継承関係

Object Error

プロパティ

プロパティ概要
constructorオブジェクトの作成元の参照を取得する
messageエラーメッセージを返す
nameエラー名を返す

メソッド

メソッド概要
toString()オブジェクトの値を文字列として返す

派生オブジェクト

Errorオブジェクトを継承しているオブジェクトには以下のものがあります.いずれもエラーに関連するオブジェクトであり,プロパティとメソッドはErrorオブジェクトと同じです.

オブジェクト概要
EvalErroreval関数
RangeError数値が有効範囲外のときにスローされる
ReferenceError存在しない変数を読み出したときにスローされる
SyntaxError構文エラーが発生したときにスローされる
TypeError値が間違った型のときにスローされる(インスタンスにnullやundefinedが設定されているときにプロパティにアクセスしたときなど)
URIErrorencodeURIdecodeURIなどのURIエンコード/デコードに失敗したときにスローされる

スポンサード リンク

inserted by FC2 system