サイト内検索

Top-level

スポンサー

ホーム > Top-level > parseFloat

parseFloat

文字列を浮動小数点数に変換します.

シンタックス

parseFloat(string)
  • string - 変換する文字列

解説

parseFloat関数はstringで指定された文字列を浮動小数点数に変換し返します.
parseFloat関数は,まず文字列の先頭文字が変換可能かを調査します.変換可能であれば文字列の先頭から順に調査を行い,変換不可能な文字が現れた場所までの値を変換します.先頭の文字が変換不能の場合にはNaN(非数)を返します.

サンプルコード

以下にparseFloat関数を使用して文字列を浮動小数点数に変換するサンプルコードを示します.

<html>
  <head>
    <title>parseFloat関数のサンプルコード</title>
  </head>
  <body>
    <script type="text/javascript" language="javascript">
      document.write(parseFloat("3.14") + "<br />");
      document.write(parseFloat(" 10Snoopy") + "<br />"); // 空白が先行
      document.write(parseFloat("Snoopy10") + "<br />"); // 変換不能
      document.write(parseFloat("") + "<br />"); // 空文字列
    </script>
  </body>
</html>

実行例

サンプルコードの実行結果は以下のようになります.

3.14
10
NaN
NaN

スポンサード リンク

inserted by FC2 system