サイト内検索

Top-level

スポンサー

ホーム > Top-level > parseInt

parseInt

文字列を整数に変換します.

シンタックス

parseInt(string, radix)
  • string - 変換対象の文字列
  • radix - [省略可能] 基数(2から36)

説明

parseInt関数はstringで指定された文字列を整数に変換し返します.
radixが指定された場合はradixを基数として変換を行います.
radixが省略された場合は以下の

  • 文字列が"0x"で始まる場合は基数は16(16進数)になります.
  • 文字列が"0"で始まる場合は基数は8(8進数)になります.(非推奨)
  • 上記以外の場合は基数は10(10進数)になります

サンプルコード

以下にparseInt関数を使用して文字列を整数に変換するサンプルコードを示します.

<html>
  <head>
    <title>parseInt関数のサンプルコード</title>
  </head>
  <body>
    <script type="text/javascript" language="javascript">
      document.write("[10進数]<br />");
      document.write(parseInt("10") + "<br />"); //10進整数
      document.write(parseInt("3.5") + "<br />"); //浮動小数点数(切捨て)
      document.write("<br />");

      document.write("[8進数]<br />");
      document.write(parseInt("0377") + "<br />");
      document.write(parseInt("377", 8) + "<br />");
      document.write("<br />");

      document.write("[16進数]<br />");
      document.write(parseInt("0xFF") + "<br />");
      document.write(parseInt("FF", 16) + "<br />");
      document.write("<br />");

      document.write("[その他]<br />");
      document.write(parseInt(" 10Snoopy") + "<br />"); //空白が先行
      document.write(parseInt("Snoopy10") + "<br />"); //変換不能
      document.write(parseInt("") + "<br />"); //空文字列
    </script>
  </body>
</html>

実行例

サンプルコードの実行結果は以下のようになります.

[10進数]
10
3

[8進数]
255
255

[16進数]
255
255

[その他]
10
NaN
NaN

スポンサード リンク

inserted by FC2 system